京都e-お薬手帳紹介

京都e-お薬手帳とは

京都e-お薬手帳とは、京都府薬剤師会が提供する、スマートフォンに患者さん自身が服用されているお薬情報を記録できるアプリです。専用アプリ内に長期の服用履歴を保存する事で、医療機関や薬局などで「どんな薬を飲んでいるか」と聞かれてもすぐに情報を伝える事が可能なので、災害や急病などお薬の特定が難しい時でも安心です。

紙のお薬手帳のサポートに

e-お薬手帳は紙タイプのお薬手帳のサポートにぴったりです。紙のお薬手帳と電子タイプの両方を用いる事で、お薬手帳を持参していない時や災害時なども安心です。長期間複数の医療機関を受診されるとその分お薬の情報が増えますが、両方で記録する事で長期の履歴をためやすくなります。

万が一の時も安心

紙のお薬手帳を持ち出せなかった時も、ここからすぐに服用中のお薬の情報を取り出せます。重複投与や相互作用チェックがしやすい事も患者さんにとって大きなメリットです。

使い方

①アプリをダウンロード

ダウンロードサイト http://www.kyotofuyaku.or.jp/e-techo/ もしくはApp Store、AndroidOSのいずれかからダウンロードして下さい。アプリケーションは無料です。
ダウンロードが完了してアプリを開けると下の画面が出ます。
handbook_01handbook_02

②利用地域を京都府に設定します。

初期設定画面で利用地域を設定します。アプリ自体は京都府薬剤師会の提供となっていますので、利用地域は京都府扱いとなります。
handbook_03

③患者さんの情報を入力します。

お名前、性別、生年月日などの情報を入力します。入力内容は利用者情報ページで確認できます。完了するとすぐe-お薬手帳としてご利用いただけます。
handbook_04handbook_05

④お薬の情報を登録します。

薬局から渡されるQRコードを写すか、手入力でお薬の情報を登録します。QRコードの場合はアプリを起動した後、「QRコード」をタッチしてカメラ読み取り範囲内で写します。手入力の場合はお薬の名前から1日の量までご記入下さい。ご不明な点がございましたら薬局スタッフまでお知らせ下さい。
handbook_06

うえにもどる