M

健康応援コラム

旬の生枝豆

 枝豆の旬の時期は収穫のピークである、夏真っ盛りの7月から8月頃です。枝付きの生の枝豆が出回る貴重な時期なので、旬の枝豆を好まれる方はぜひ食べてみてくださいね。

 

枝豆は、完熟する前の大豆のことで、豆類と野菜類の両方の栄養を兼ね備えた食品です。

 

枝豆の一番の魅力は、カロリーが低いのに、大豆と同様に栄養が豊富な点です。ダイエットだけでなく、お酒のおつまみにもぴったりです。エネルギー源となる糖質や脂質のほか、筋肉づくりに欠かせないたんぱく質をはじめ、高血圧予防に役立つカリウムや整腸作用のある食物繊維などが豊富に含まれています。

また、枝豆に含まれるビタミンB1とナイアシンは、どちらもビタミンB群に属する栄養素で、アルコールの代謝に関わるビタミンです、またオルニチンやメチオニンのような肝臓の負担を減らす助けをしてくれる成分も含まれているので、アルコールと一緒に摂取することで二日酔い予防にも役立ちます。

 

茹で枝豆よりもほっこり香ばしく仕上がる焼き枝豆もお薦めです。サヤ付きの生の枝豆を塩水に浸けておき、魚焼きグリルやトースターで10分くらい焼いて完成です!

あなたの健康の役に立ちたい。